理容室・美容室用の業務用エアコン

理容室・美容室では、お客様が長い時間同じ席に座るため、快適性、清潔感、インテリア性に配慮することが重要です。

エアコン選びのPOINT

  • お客様が同じ席に長時間座ることも多い場所なので、直接風が人に当たりにくいエアコンを選ぶ
  • 経費を削減してお店の利益率を向上させるため、電気代を削減できる省エネエアコンを選ぶ
  • お客様が心地よくリラックスできる雰囲気をつくるため、清潔感があり、インテリア性の高いエアコンを選ぶ

風が人に直接当たりにくいエアコンを選ぶ

理容室・美容室は、お客様が直時間同じ席に座ることが多い場所です。エアコンの風が直接顔や体に当たる席では、お客様は長時間リラックスして心地よい時間を過ごすことはできません。お客様のリピート率を高めるためにも、快適に過ごせる店舗環境づくりが必要です。

ダイキンなら、不快な風あたりを軽減し、快適な施設環境づくりをサポート。

※対応室内機:S-ラウンドフロー<センシング>タイプ(FIVE STAR ZEASのみに適用。Eco-ZEASは別売品対応にて適用可。デザイナーズパネルは適用不可)

人検知&床温度検知の
ダブルセンサーと風向個別制御で
不快な風あたりを軽減しながら、
夏は足元の冷やしすぎを抑制。
冬は足元から暖めて素早く快適に。

冷房時 暖房時

電気代を削減できる省エネエアコンを選ぶ

理容室・美容室は、営業時間中エアコンを運転し続けているお店も多いため、経費削減、利益拡大のためにも、電気代を削減できる省エネエアコンがおすすめです。

ダイキンなら、インバーター機からの更新でも、最大約70%※1の省エネ(15年前の機種から最大約60%※1削減)が可能

※FIVE STAR ZEASシリーズの場合(試算はS-ラウンドフロー<センシング>タイプでエコオートクリーン(自動清掃)パネル使用時)

年間消費電力比較(5馬力クラスのイメージです)

※1 当社試算:当社インバーター機(SZYCJ140K、1998年発売)と新機種(SSRC140BB)との比較。更新前空調機がメンテナンスをおこなっていない場合の経年劣化(汚れ等)、1年間フィルター清掃しない場合の目詰まりによる電力量悪化を推定し試算したもの。FIVE STAR ZEASの消費電力はEco全自動運転、OSCAR制御、フィルター自動清掃の効果を反映したもの。
JIS B8616:2015(東京・店舗)に基づく「APF(2015)算出」における年間消費電力量の削減において。なお、15年前の当社インバーター機(SZYCP140D、2002年発売)と新機種(SSRC140BB)との比較の場合、上記同条件で約60%の消費電力量削減。

インテリア性の高いエアコンを選ぶ

理容室・美容室では、お客様がリラックスして施術を受けることが重要です。機能性や省エネ性だけでなく、インテリア性も高いデザインのエアコンがおすすめです。

ダイキンの「デザイナーズパネル」なら、
美しく清潔感ある空間を演出し、お店の雰囲気やインテリアにも調和。

※対応室内機:S-ラウンドフロー(別売りのデザイナーズパネルが必要です。)

ダイキンの「デザイナーズパネル」なら、美しく清潔感ある空間を演出し、お店の雰囲気やインテリアにも調和。

おすすめの形状

ドライヤーやパーマ機などの熱を発する機器が多い場所なので、一般の事務所などと比較して、少し能力(馬力)の大きいものが必要な場合が多いです。能力(馬力)の選定はダイキンプロショップに相談することをおすすめします。