業務用エアコン選び

2018.04.23

業務用エアコンの買い替え計画を考えてみませんか?

業務用エアコンの買い替え計画を考えてみませんか?

お店の改装やレイアウト変更、またオフィスでは人員増やOA機器の増加などのタイミングで、既設エアコンの見直しも一緒に検討されてはいかがでしょうか?
圧縮機などの駆動部を持つ業務用エアコンの買い替えは通常10~15年がひとつの目安となっています。耐久年数を超えたエアコンは、以下の注意が必要です。

POINT

  • 突発的な故障のリスク
  • 部品調達に時間がかかり、修理に手間取ることも
  • 設置したときに比べ能力低下となり、快適性が損なわれる
  • エアコンの電気代(消費電力量)が高くなる

故障による急な出費や業務中断が心配…

室内機を選ぶ

エアコンの心臓部である圧縮機(室外機搭載コンプレッサー)は、一般に使用して8年程度の経過を目安に、故障のリスクを踏まえ、保全の必要性をご案内しています。
突発的な故障で圧縮機の交換が必要な場合、約20万円(5馬力の目安)*¹が必要となり急な費用負担となると共に、エアコン稼働率の高い工場や店舗などでは、業務の一時中断などでお困りになったユーザー様も見受けられます。

※1. ダイキン調べ、故障内容や設置条件、機種によって異なります。

古い機種ほど部品の入手が困難に…

能力(馬力)を選ぶ

一般にメーカー補修用性能部品*²の保有期間は製造終了後9~10年です。これを超えると部品が入手困難となり、手配に長い時間を要してユーザー様の業務に支障を来たしたり、残念ながら修理が不可能な場合もあります。

※2. 補修用性能部品とは、その製品の機能を維持するために必要な部品の事です。ダイキンのスカイエアシリーズの補修用性能部品を製造打ち切り後10年保有しています。

こんなお困りはありませんか?

設置環境に合った機能やオプションを選ぶ

新設時には適正であった能力が、長年使用し続けたためにエアコン内部に汚れが付着し、それが原因で、能力低下をおこし快適性が損なわれている可能性があります。
また長い間お使いになっているエアコンは「経年劣化」*³も進んでいます。

※3. 使用条件にもよりますが、電気製品は性能が年々劣化します。

最新のエアコンの省エネ性について

設置環境に合った機能やオプションを選ぶ

※4.当社試算:当社インバーター機(SZYCP140M、2003年発売)と新機種(SSRC140BC)との比較。買い替え前空調機がメンテナンスを行っていない場合の経年劣化(汚れ等)、1年間フィルター清掃しない場合の目詰まりによる電力量悪化を推定し試算したもの。FIVE STAR ZEASの消費電力はEco全自動運転、OSCAR制御、フィルター自動清掃の効果を反映したもの。JIS B8616:2015(東京・店舗)に基づく「APF(2015)算出」における年間消費電力量の削減において。

最近のエアコンは省エネ性が向上しています。そのまま使い続けるより、ランニングコスト(電気代や修理費)を比較すると、十分満足頂ける場合もあります。ぜひダイキンプロショップにご連絡ください。

運転具合と設置年度を夏本番前にチェックしませんか?

業務用エアコン選びでお困りの方はダイキンプロショップにお任せください! ご相談、ご購入、お見積のご依頼は、お近くのダイキンプロショップまでお問い合わせください。 近くのダイキンプロショップを探す

ダイキンプロショップとは、ダイキンが認定した高い提案力、施工力、対応力、情報力を持つ販売施工店です。